ワキガに気づいた

私がワキガに気づいたのは中学一年生の時でした。

友達の指摘で気づいて、その友達が、私も実はそうなのと言って、私はこれを使ってると言って制汗剤を勧めてくれました。

思春期の新陳代謝の激しい時期でしたので、臭いも割ときつく、昔の制汗剤は気休め程度だったのであまり効かず、汗をたくさんかいたら自分でもわかるくらい強く臭ってくるので、気が気ではなく、性格も消極的になりましたね。

服が化繊のものだとほんとに臭いがきつくなるので、服はデザインよりも先に素材を確認するようになりました。

制汗剤を忘れたことに気づいた時は、その後は物事に集中できず、臭ってないかな…と、そこばかりに気がいってしまいます。

コンビニに飛び込んで制汗剤を買って、トイレで塗ったこともあります。

数年前から、すごくいい制汗剤を見つけて、それを塗ると一日中臭わないので助かっています。あと年齢もあるのか臭いもマシになってきているので、少し気が楽になりました。

服も一回臭いがつくとなかなか取れず、困っていましたが、最近の洗濯洗剤は臭いに効くものが多いので、臭いに効くと書いてある洗剤を使うと全く気にならなくなりました。

最近の技術はすごいなと感心しています。

あと、柔軟剤の効果も凄いですね。