私の汗の臭い対策をご紹介します

汗をかく季節、臭いのケアについて気にされている方も多いかと思います。

また、汗をかかない涼しい季節にも、緊張したり焦ったりすることで、ワキに汗をかいてしまうことがありますよね。

人込みで臭いを感じたら、「もしかしたら、私も臭ってるのかな」なんて不安になることも。

私は、以前の職業が「体を動かして暑くなる」「人前に出て発言するので緊張する」という環境で、毎日汗をかくことが多い生活を送っていました。

そんな中、気を付けていたことをご紹介します。

①制汗剤を使用する

朝、身支度をする時はもちろん、仕事中もこまめに使っていました。

その際、ワキにはロールオンタイプや直塗りタイプ、背中などのボディにはスプレータイプなどを使い分けていました。

②汗をかいたら、ボディシートで拭く

特に夏場は大量の汗をかくので、こまめに拭いていました。

体感ですが、そのまま乾かすよりも、臭いが抑えられるように感じられました。

すっきりとした使い心地のものを使えば、気分もリフレッシュされますね。

③着替えを持って行く

汗を吸ってしまった衣服を身につけていては、いくら制汗剤を使っても、服が臭ってしまいます。

そのため、着替えを常備して、たくさん汗をかいたら着替えるようにしていました。

荷物は増えますが、「汗をかいても着替えられる」という安心感も得られます。

効く・効かないに気をとられがちですが、「これだけ対応しているから大丈夫!」と思えるかどうかも大切だと思います。

少しでも参考になれば幸いです。